Facebook創業当時の「媒体資料」は、たった7枚 〜発掘された2004年のドキュメント

この7枚の媒体資料が、現在のFacebookに繋がっている。ハーバード大学生らによるFacebookの創業メンバーは、創業2カ月の2004年4月当時、以下の資料で広告主、代理店に広告営業をかけた。それが莫大な広告収入を得る、現在のFacebookの礎となったといっても過言ではない。

米DIGIDAYが、2012年8月に入手していた、その媒体資料。グノシーやスマートニュースなど、日本でも数十億単位の資金が動くスタートアップが隆盛している現代おいて、貴重な資料になることは間違いないだろう。

同資料は、20の有名大学における学生7万人をユーザーとし、今後6カ月以内に200大学まで拡大していく事業計画に触れている。その11年後、実際にFacebookは、それを遥かに上回る実績を達成した。デイリーアクティブユーザー(DAU)が13億5000万人、2015年第2四半期だけで広告売上は29億ドル(3500億円)を上った。