「Google離れ」をはじめた、一部大手広告主の思惑とは?:「データを提供しようとしない」

広告主がプログラマティック購入により高い透明性を求めるようになるなか、彼らはアドテクベンダーに対してより多くのデータを要求するようになっている。そうした交渉に抵抗しているのがGoogleだ。いま、広告主によってはほかのアドテクベンダーを使ってリスクを緩和しようとする者もいる。