Google vs. Facebook! 出揃った巨人2社の決算を比較:ヒートアップするネット広告2強時代

アルファベットの第4四半期決算を発表した。先週のFacebookに続く好決算(時価総額世界1位に躍り出た)となり、両者のネット広告ビジネスが順調に成長し、デジタル広告業界が2強時代に突入しつつあることを改めて印象づけた。

アルファベットの第4四半期売上高は213億2900万ドル(約2兆5600億円)。うち広告売上高は190億7800万ドル。通年の売上高は749億8900ドル、広告売上高は673億9000ドル、第4四半期、通年ともに広告は売上の約90%をしめる。

第4四半期決算、Googleのネット広告ネットワーク内ではCPC(クリック単価)が前年比13%落ち、クリック数は同31%伸びた。提携先に支払うトラフィック獲得コスト(TAC)は40億5500万ドル、広告売上の22%と投資家が問題視しない水準だ。