Googleが分析ツール一新へ:DMPから広告配信まで自社プラットフォーム直通

Googleは2016年3月16日、企業向け総合分析ツール「Googleアナリティクス360(さんろくまる)スイート」(以下:アナリティクス360)を発表した。現行のGoogleアナリティクスを拡張したSuiteは、オラクル、Adobe、セールスフォースなどが競争する、B2Bの「マーケティングクラウド」領域に重なる部分がある。

このツール起点でマーケティング施策を検討する場合、Google内で完結する可能性がある。Suiteが提供するDMPを起点とし、最大の自動広告配信網であるDoubleClick(ダブルクリック)、アドワーズを通じ、検索、YouTube、Gmailなどのユーザー10億人超えのプラットフォーム群などの掲出先を確保しており、下流のデバイスであるアンドロイド(出荷ベースで世界シェア8割超)まで「自前」で構成された「サプライチェーン」を築いている。他社の場合は外部のデジタル広告配信網を提供するの場合がほとんどだ。

Google Analytics公式ブログによると、Google Analytics 360 Suiteには以下の5つの機能が組み込まれている。