GoogleのCEO「もうアドブロックは目新しい話題ではない」:ユーザー体験の向上で、問題解決を宣言?

GoogleのCEO、サンダー・ピチャイ氏(TOP画像)が、プログラマティック広告について語リ始めた。いかに多くの広告主を惹き寄せられるか、すでに戦略が組み上がっているようだ。

同社のCEOに就任して18カ月。大勢の広告主たちがGoogleのプログラマティック広告プラットフォームを利用し、その数は倍増している。同氏は、2015年10月22日に行った第3四半期の業績発表後、ウォール街のアナリストと語りあった。

ピチャイ氏は、ライバル社のAppleが行ったコンテンツブロックを発端とする、いま業界で話題のアドブロックについて言及。「アドブロッキングに関しては、もう目新しいトピックではない」とアナリストの質問に答え、Googleにとっては、いままで以上に重要な問題にはならないだろうと付け加えた。