Facebook広告、新しいインプレッション規定を発表。インフィード広告の1ビューはどこにある?

ソーシャルメディアをスクロールしながら読むとき、はたして消費者は広告を見ているのだろうか? 広告がコンテンツと競い合う環境のなか、企業は自ら出稿した広告がどれほどのインパクトを持っているかを知りたがっている。

いま広告主がプラットフォーム側に求めているのは、いかにビュー(閲覧)をカウントするのかという明確な定義だ。このプレッシャーに対して、媒体社の対応は分かれているが、特に広告売上を伸ばしているFacebookの定義づけに注目が集まっている。

Facebookは2015年9月17日、米国での新しいインプレッション規定を発表した。それによれば、画面に広告の全体(100%)が映し出されば、1インプレッションとしてカウントされ、料金が発生するという。