Facebook の罰金は30億ドル以上、だが広告主は700万社:要点まとめ

さまざまなスキャンダル広告マネージャー関連の失敗にもかかわらず、Facebookの広告ビジネスは依然として大きな成功を見せている。4月24日に出された収支報告書によると、Facebookは2019年の第1四半期に151億ドル(約1.7兆円)の収益を上げ、そのうち93%はモバイル広告からとなっている。

しかし、連邦取引委員会との訴訟関連費用は少なくとも30億ドル(約3300億円)に及び、その結果、利益はそれほど目覚ましいものではなくなっている。現在進行形で続いている訴訟だが、広告収益停滞には結びついていない。また、Facebook新規登録者を減らしてもいない。

以下、重要な情報をまとめた。

  • MAU数は23.8億人、DAU数は15.6億人(ともに前年比8%増)。
  • Facebook、ワッツアップ(WhatsApp)、インスタグラム(Instagram)、そしてメッセンジャー(Messenger)を合わせたMAU数が27億人(前四半期と同じ)。21億人以上が、これらのサービスのうち少なくともひとつを毎日使用している(前年同時期から2000万人増)。
  • DAU数は3900万人増加(前四半期から2000万人増)。
  • 四半期収益は約151億ドル(約1.7兆円。前年同時期から26%増)。
  • 利益は24億ドル(約2600億円。前年同時期から51%減少)。
  • 広告収益の93%はモバイルから(前年同時期は91%)。
  • アメリカとカナダにおけるユーザーごとの平均収益は30.12ドル(約3360円)。世界規模では6.42ドル(約715円)だった。

ウォールストリートが欲していたものは

ウォールストリートは予測していた150億ドル(約1.6兆円)に対してFacebookは151億ドルをこの四半期報告しており、収益と言う点では予想を上回ったことになる。Facebookの株価は収支報告書がリリースされたあとすぐに、時間外取引において5%増加した。

Facebookと連邦取引委員会の交渉は現在進行形

ケンブリッジ・アナリティカ(Cambridge Analytica)に代表されるプライバシー違反に関して、Facebookは連邦取引委員会と交渉を過去数カ月のあいだ、続けている。収支報告の一部として、Facebookは予想される罰金金額が30億ドルから50億ドル(約5570億円)のあいだになるとしている。現時点では30億ドルをそのために確保しているとのことだ。

報告において最高財務責任者のデーヴィッド・ウェーナー氏は、「この件に関しては付け加える事はそんなにない」と述べた。

Facebookアプリにおいて、ストーリーは成長している

Snapchat(スナップチャット)のストーリー(Stories)を模した、インスタグラムのストーリーだが、ワッツアップとFacebook上でも人気を集めている。これら3つのプラットフォームのそれぞれが、ストーリーを使う5億のDAUを抱えていると、ザッカーバーグ氏は言った。

最高オペレーティング責任者であるシェリル・サンドバーグ氏は前四半期に、200万の広告主がストーリーを使っていると明らかにしたが、いまではそれは300万にまで増加した。インプレッション数の増加のなかでも、もっとも大きいものはストーリーから来ている。しかし価格は低いため、それほどの収益をもたらしているわけではない。

「究極的には我々は、ストーリーに対する需要を増やすことができると信じている。そして時間とともに価格も増加するはずだ、しかし、これには四半期レベルではなく、何年もかかるだろう。そのため、とりあえずのあいだは、ストーリーの値段において意味のあるディスカウントが発生していることになるだろう」と、ウェーナー氏は言った。

プライバシー対策の取り組みは、プラットフォームとの「共食い」にはならないと、ザッカーバーグ氏は語る

Facebookのニュースフィードは収益の大きな部分をもたらす。しかし、今後のプロダクトという点では、Facebookはほかのスペースにフォーカスを据えているようだ。これは、マネタイズという点では不安要素を抱えている。ザッカーバーグ氏は、暗号化メッセージへの移行は広告ビジネスへただちに影響は与えないだろうと予測している。パブリックでのシェアが終焉を迎えるわけでもないと、彼は語った。

「デジタルな世界での街の広場は、今後も常に重要であり続けると、私は予想している。しかし、それ以上に、たくさんのものを構築することになるだろう。時間とともに、デジタル世界におけるリビングルームに対するチャンスは、ますます大きくなるだろう。我々はすべてプライベートにコミニュケーションする必要がある」と、ザッカーバーグ氏は言う。

毎年行われている開発者カンファレンスが今週開催される。このF8においてプライバシー計画のより多くが明かされると、彼は言った。

Facebookは広告主の数を増やし、収益を伸ばしている

前四半期、Facebookは700万のアクティブな広告主が存在すると明らかにした。今四半期では、サンドバーグ氏はこれらの広告主がどれだけ収益に貢献しているかを明らかにした。2019年第1四半期、Facebookの広告主トップ100が広告収益全体に締めた割合は20%以下だったと、彼女は述べた。「これは昨年の同時期と比べて、我々の広告主ベースがより多様になっていることを意味する」と、彼女は語った。

Kerry Flynn(原文 / 訳:塚本 紺)