DIGIDAY VIDEO: Amazon における小売りの心構え、その新定義 / セルウィン・コンサルティング J・ウェルツナー氏、K・カリアッパ氏

コロナウィルスの影響で、アメリカの失業保険申請者数は増加し、多くの人が明らかに財政難に陥った。そんな時でさえ、eコマース市場はAmazonが牽引し、新規注文数も増えている。

実際、今回の危機によって、実店舗を中心とした小売業が大打撃を受けても、Amazonが配送に関連するあらゆるサポートをまかなうことで、ブランドは販売促進や認知拡大など、本来の業務に集中できた。その結果、Amazonに対して、顧客はショッピングサイトとしての信頼を高め、ブランドはサプライチェーンとしてその信頼を高めている。

「eコマースプラットフォームとしてAmazonは非常に支配的であることは明らかだ」と、セルウィン・コンサルティングでパートナーグロースを管掌するジュリー・ウェルツナー氏とカビタ・カリアッパ氏は語る。同社は、2019年に設立された電通のコンサルティング部隊だ。

2020年4月に米DIGIDAYが開催した、Amazon戦略の最前線について語るオンラインイベント「Amazonストラテジーズ・ヴァーチャル・フォーラム(Amazon Strategies Virtual Forum)」から、「小売りの心構え、その新定義(The New Definition of Retail Readiness)」と題したセッションをDIGIDAY VIDEOとしてお届けする(※動画はDIGIDAY+の「プレミアムプラン」ユーザー専用のコンテンツです)。

このセッションでウェルツナー氏とカリアッパ氏は、コロナ禍における過去数カ月のなかで、コマース市場がどのように変化してきたのか、振り返りと合わせてコンサルティングの立場から語っている。