DTC ERA

Snapchat は、もはや「お試し」プラットフォームではない: ドクター・スコッチ 案件に見る投資本気度

広告ユニットの多様化やリーチ保証といった取り組みが評価され、Snapchatは成熟したプラットフォームとして広告主から注目を集めている。予算を新たに用意するブランドはもちろん、これまでSnapchatをメディア戦略に組み込んできた企業のあいだでも、その重要性はさらに高まりつつある。その評価ポイントはどこなのか。