75万人の有料会員を「和製アニメ」で獲得した米メディア:7カ国語展開で世界戦略も

いかにしてマネタイズしていくかは、デジタルメディアにおける試練だ。

アメリカでそのジレンマを、アニメというコンテンツで解消したメディアが存在する。「クランチーロール(Crunchyroll)」だ。この創業9年のビデオサービスは、和製アニメのファンの情熱によって支えられている。

「美少女戦士セーラームーン」「進撃の巨人」「NARUTO−ナルト−疾風伝」などの日本アニメ1万5000本を配信。月額7ドル(約840円)から12ドル(約1400円)で、75万人もの有料会員を獲得している。