VIDEO ANYWHERE

YouTube 、新しい「広告隣接基準」で問題解決を図る:ブランドセーフティからブランドスータビリティへ

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


自社のオンライン広告がどこに表示されるか、マーケターは常に気を使うものだ。このような動きは、テキストがないためにコンテンツの危険度がわかりにくいオンライン動画で特に顕著だ。しかしYouTubeは現在、GARMが定義する標準に基づいて、問題解決を図ろうとしている。