GDPR のプライバシー保護で「犠牲」となったアドテク5選

DIGIDAY+ 限定記事 ]いま、個人のユーザーデータに強く依存しすぎている広告技術を自由に批判できる時期が来ている。

データ保護やウェブブラウザのプライバシーに関する規制が厳しくなることで、特定の広告ターゲティング技術に対する圧力が強まった。その一方で、コンテンツ連動型のターゲティングなどは活性化している

GoogleやAppleは、広告のエコシステム全体に波紋を広げつつあるデータプライバシーに関する策定を推し進めようとしている。以下、衰えが見えはじめていたり、すでに規制がかけられていたりする広告ターゲティング技術を見ていこう。

◆ ◆ ◆


クロスデバイス・トラッキング