マーケティング活用が進む「360度ビデオ広告」:Facebookが紹介する6つのブランド事例

Facebookは2015年11月12日、Androidデバイスで開始していた360度の全天球ビデオ対応を、iPhoneなどのApple製デバイスでも有効化すると発表した。

2014年には没入型ヘッドマウンテッド・ディスプレイのオキュラスVR(Oculus VR)社を20億ドル(約2453億円)で買収した経緯があるなど、先進的な動画マーケティングに力を入れている同社。ディズニー・ワールド・リゾートや米通信大手AT&T、ビールのコロナ、家電大手サムスン、そして飲食品のネスカフェやリッツといったブランド企業が、いちはやく360度ビデオ広告をテストしていると強調する。

また、ビデオクリエイター向けに360度ビデオに関するヘルプサイトをオープンした。同社が紹介する6つのブランドの360度ビデオ広告事例を紹介する。