RETAIL REVOLUTION

MRブリーフィング:「モダンなコンビニ」フォックストロット、シリーズCの資金調達へ

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


こちらは、小売業界の最前線を伝えるメディア「モダンリテール[日本版]」の記事です
※モダンリテール[日本版]は、DIGIDAY[日本版]内のバーティカルサイトとなります

MRブリーフィングは、変動の激しい小売業界が直面する課題やトレンドについて、モダンリテールが注目しているニュースをご紹介します。

フォックストロットが1億ドルを調達 店舗網拡大とエンジニア・チーム強化へ

「モダンなコンビニ」フォックストロット(Foxtrot)は1月11日朝、新たな資金調達ラウンドとして1億ドル(約115億円)のシリーズCを発表した。これは、同社が4200万ドル(約48億円)のシリーズBを調達してから1年足らずでのことである。

フォックストロットの共同設立者であるマイク・ラビトラ氏とテイラー・ブルーム氏は、この資金流入は主に、同社がより多くの店舗を開くために使われるだろうと話した。フォックストロットは現在16店舗を運営しているが、今年はさらに約25店舗をオープンする予定だ。調達資金はまた、雇用拡大のため、特にエンジニアリング・チームの規模をおよそ2倍にするために使われるという。

フォックストロットでは、店頭での販売、30分以内の配送サービス、5分以内のピックアップサービスなど、さまざまな方法で買い物をすることができる。さらに商品は都市によって異なり、シカゴのジェニーズ・スプレンディッド・アイスクリーム(Jeni’s Splendid Ice Creams)のように、地元で愛されているブランドの商品を置くこともある。

そのためフォックストロットは、カスタムメイドの在庫管理システムなど、さまざまな技術系ツールを社内で構築する必要があったとブルーム氏は話す。「最初の店舗では、文字通りGoogleのスプレッドシートで在庫を管理していた」。これらのバックエンドシステムは、フォックストロットが構築したユーザー向けの技術、たとえばパークス(Perks)と呼ばれる社内ロイヤルティプログラムやアプリとすべて連携している。たとえば、シカゴのリンカーンパーク店で品切れになっている商品が、ウエストループ店ではまだ入手可能である場合、より効率的にユーザーに通知することができるというものだ。

ブルーム氏とラヴィトラ氏は、こうした社内の技術系ツールがあることで、顧客が何をどれくらいの頻度で購入しているかというデータを収集しやすくなり、フォックストロットのプライベートブランド商品の充実にも役立っていると話している。ブルーム氏によると、フォックストロットのロイヤルティ会員は、平均して月に10回フォックストロットで買い物をし、そのうちの約半分は対面での買い物になるという。

プライベートブランド商品は現在、フォックストロットの売上の30%を占めており、今年中に約200のプライベートブランド商品を発売する予定だ。

ーー[原文:Foxtrot raises $100 million]Anna Hensel(翻訳・編集:戸田美子)

MR Newsレビュー

速報系ニュースを振り返る「MR Newsレビュー」。今回は1月7日(金)〜1月13日(木)にモダンリテール[日本版]のTwitterでご紹介したニュースをまとめました。

ウォルグリーン、コロナ禍で第1四半期好調


ベッド・バス&ビヨンド第3四半期、物流網の混乱で約1億ドルの損失


ルルレモン傘下のミラー、新CEOに元ツイッチのアラゴン氏


ゲームストップ、クリプトとNFTの専門部署を設立


2021年もっともダウンロードされた買い物アプリは「Shopee」


人気コスメのイルマキアージュ親会社、1億3000万ドルを調達


テイクツー、オンラインゲームのジンガを買収


JCペニー、技術分野の新経営幹部2人を発表


リアーナ監修サヴェージ x フェンティ、初の実店舗出店


アスレチックアパレルD2C、直近6カ月のトラフィックが増加


中国ロックダウン、大手製造業にも影響


Edited by 戸田美子