FUTURE OF TV

2022年の米・テレビ広告市場、第4四半期在庫から読み解く

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


全米の広告市場は第4四半期、メディア関連と外部の要因が重なり、いくらか軟調ではあるものの、2021年の広告予算を使い切りたいと考える広告主の勢いが十分あり、このまま2022年を迎えることができそうだ。ただし、その勢いをいつまで持続できるかは未知数だ。