DTC ERA

酒類配送プラットフォーム「サースティー」、米国で躍進:法的障害を乗り越え 欠かせない存在に

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


米国における法的な障害にもかかわらず、D2Cのアルコール配送は主流となりつつある。ブランドによるD2Cチャネルの作成を支援する新興企業のひとつが サースティー (Thirstie)である。サースティーは、ニューヨークを拠点とするホワイトラベル配送プラットフォームだ。