RETAIL REVOLUTION

フードデリバリー 、次の戦場は「プライベートブランド」か:新たな収益モデルを探る各社

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


2020年はドアダッシュ、グラブハブ、ゴーパッフなどの フードデリバリー サービスが急成長したが、ロックダウン解除後もこの成長を維持することは簡単ではなかった。受注からより大きな売上を得るため、これらの会社は広告やプライベートブランドなど各種の新たな戦略を試している。