RETAIL REVOLUTION

「新カテゴリ」に投資する、米国の アパレル 小売各社:コロナ禍でも堅調な美容・家庭用品に着目

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


2020年、多くの アパレル 小売業者は利益を減らしたが、2021年には市場シェアを回復するため新しいカテゴリーへの投資を始めている。アパレル小売業者の一部は家庭用品や美容グッズなどパンデミックの最中でも好調だったカテゴリーへの投資を増やしはじめた。紳士服やフットウェアが売上増に貢献したケースもある。