コロナ 関連記事は「閲覧無料」にすべき?:難しい選択を迫られるパブリッシャー

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


読者の不安、さらに在宅勤務推奨の方針によって、新型コロナウイルス関連ニュースの消費が激増しており、パースリー(Parsely)のデータによると、ページビューが前年より30%増加しているという。

だが、読者の関心を活用することに関して、パブリッシャーは難しい選択に直面している。読者は新型コロナウイルスの報道を非常に心配して見ているが、広告主がウイルスに関連するキーワードをブロックリストに入れているため、広告のマネタイズが難しくなっている。さらに、新型コロナウイルスの影響範囲が広がるにつれ、パブリッシャーは、ウイルス関連のニュースをペイウォールの外側に移動させるよう求める圧力にも直面することになり、収益成長の重要な領域が阻害されつつある。

このやっかいな問題への対応はさまざまだ。
「DIGIDAY+ ライトプラン」は、30日間無料でお試し可能です!(※新規入会限定)