Google、新たな サブスクリプション 支援ツールを発表:30のローカルサイトでスタート

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


Googleは4月24日、サブスクリプション支援ツール「Subscribe with Google(サブスクライブ・ウィズ・グーグル)」を発表した。ローカル誌をサポートする姿勢を見せるため、同社が最初のローンチパートナーとして選んだのは多数の新聞を発行するマククラッチー(McClatchy)だ。Subscribe with Googleは、2回のクリックでサブスクリプションの申し込みができるほか、ユーザーは知りたいたコンテンツを検索し、ハイライトすることができる機能を備えている。

マククラッチーは、同社が運営する30のローカルサイトでSubscribe with Googleを実装。同社は以前にも、Googleと長い期間、協力したことがあるという。この信頼関係は、カリフォルニア州サクラメントにある同社の本社が、Googleのすぐ近くにあったことから容易に深まったのだそうだ。両社は2018年はじめから、このサブスクリプションの取り組みにおいても親密な関係を築いているという。

「ゲームチェンジャーになり得る」

「Subscribe with Googleは、大きな逆風に直面しているローカルのパブリッシャーにとって非常に重要だ」と、マククラッチーの社長兼CEOであるクレイグ・フォアマン氏は言う。 同社は、マイアミ・ヘラルド(Miami Herald)、サクラメント・ビー(The Sacramento Bee)、そしてシャーロット・オブザーバー(The Charlotte Observer)など、14州にまたがる地元紙を運営。「ユーザー獲得の障壁となっていた登録作業を簡略化することで、サブスクリプションビジネスに新たなエネルギーを注入できる。これはゲームチェンジャーの一種だ。少なくとも、ゲームチェンジャーになり得る可能性を持ち合わせている」。

Subscribe with Googleを使えば、Googleアカウントで購読料を支払ったり、コンテンツにアクセスできる。ユーザーはデバイスを切り替える際に必要となるログインの過程を回避できるのだ。「購読プロセスを簡単にすることで、マククラッチーにおける新規の購読者数の増加だけでなく、既存の購読者の維持に有効かどうかを見極めたい」と、フォアマン氏は述べた。

「Subscribe with Googleのサービスが作られる以前は、ユーザーが有料会員用のページを開き、情報にアクセスするまでに、たくさんの簡略化すべきプロセスがあった」と彼は語る。

このように、サブスクリプションの申し込みページ(写真はマイアミ・ヘラルドのもの)にGoogleユーザーが遷移した際には、申し込みを誘導するメッセージが表示されるようになる

このように、サブスクリプションの申し込みページ(写真はマイアミ・ヘラルドのもの)にGoogleユーザーが遷移した際には、申し込みを誘導するメッセージが表示されるようになる

プラットフォームの歩み寄り

GoogleもFacebook同様、これまでサスティナブルなビジネスを創造するための努力を怠っていると、彼らを非難してきたパブリッシャーに歩み寄っている。デジタルパブリッシャーは、オンライン広告によって自社の経営を維持することに苦労しており、その大部分はテックの巨人に渡っている。

2018年1月、Facebookはより多くのローカルニュースをフィードで流すと述べたが、それは通常のニュースをフィードの優先順位から引き下げると発表したあとのことであった。有料会員制や有料コンテンツに対して厳しい姿勢を見せたのち、プラットフォームたちはサブスクリプションツールのテストをはじめた。現在Facebookは、パブリッシャーとサブスクリプション販売のテストを実施しており、その収益はすべてパブリッシャーに渡っているという。しかし、当初Facebookはパブリッシャーに対し、読者に購読料を請求する際、無料で10件の記事を公開することを求めていた。

Facebookで、ニュースプロダクト部門の責任者を務めるアレックス・ハーディマン氏は、「我々は、インスタント記事でサブスクリプションモデルのテスト実施してきたが、これまでの成果に勇気付けられている。我々は数カ月にわたり、無料記事の公開数を柔軟に調整したり、読者が会員登録する前に料金を増額するなど、iOSでこのテストを実施してきた」と、メールで答えた。「我々は、サブスクリプションモデルを正しく機能させることにコミットしており、間口を広げて行くつもりだ。Facebookは自社の枠組みを越えてできることを見つけ出し、パブリッシャーの導線に潜在顧客を引き込む手助けをするためのコラボレーションを視野に入れている」と、同氏は書いた。

優勢なのはGoogle

しかし、Googleの方が、自分たちをパブリッシャーにとって、より友好的な存在であると示すことに成功している。同社はSubscribe with Googleは、18カ国59社のパブリッシャーと協力した製品であると強調し、パブリッシャーとの協調姿勢をアピールした。ブルームバーグの発表によると、読者がGoogleを介して最初に購読料を支払うと、収益の85〜95%がパブリッシャーの手元に入るという(以前は70%だった)。この割合であれば、Appleにも対抗できる。このツールは、Google News Initiative(グーグル・ニュース・イニシアチブ)傘下で展開してきたパブリッシャーに肯定的なプログラムの一部だ。

Facebookにとってマククラッチーは、同社のプラットフォームでテストを実施している扱い易いパブリッシャーではなく、飽くまでサブスクリプションを成長させるために同社から技術的な支援を受けているだけだ。Facebookに関する質問に対し、フォアマン氏は直接的な返答はしなかったが、「私たちはSubscribe with Googleの展望に期待しているが、深く考え抜かれたエンゲージメント戦略を持つ、ほかのプラットフォームと協力することも視野に入れている」とした。

Googleは、「Subscribe with Google」のローンチパートナーとしてニューヨーク・タイムズ(The New York Times)、ル・フィガロ(Le Figaro)、ラ・ナシオン(LaNación)といった17のメディア企業の名前を挙げ、そのほかの企業も近いうちに発表するという。なかでも注目すべきは、長年にわたってテックの巨人に対して声を上げて批判し、Googleのサブスクリプション製品の価格やデータの面において異議を申し立ててきた、ニューズ・コープ(News Corp)だ。

Lucia Moses(原文 / 訳:アギラー・クライブ)