BEAUTY

ビューティブランドが CBD から手を引く理由

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


手頃な価格のスキンケアブランドのワイルドキャットがブランドリニューアルを行った2021年9月時、CBD(カンナビジオール)はヒーロー成分として登場。しかし2度目となる今回のローンチでは、この成分は完全に消え去り、製品の価格帯もそれぞれ4ドルから6ドル(約455円〜680円)ほど下がった。