対 Amazon のテクノロジー戦略、7+1 のトレンド:【 Shoptalk2018 レポート WhitePaper】配布開始

破竹の勢いのAmazonにどう対抗していくかをリテール各社が大きな課題と捉えている。技術強者であるAmazonと戦うためにどう技術を導入しているのか、導入していくかがトレンドとなった。Shoptalk2018では、オンラインとオフラインが完全融合したリテールの未来像が提示されたーー。

DIGIDAY[日本版]では、全米最大のリテールイベントShoptalk2018のレポートをWhitePaperとしてまとめました。このWhitePaper「Shoptalk2018 に学ぶ『対 Amazon 生き残り戦略』」では、テクノロジー色が強いリテールイベントShoptalkの歴史や魅力、そして今回のイベントにおけるトレンドついて言及しております。リテールの関係者だけでなく、マーケターにも十分読み応えのあるものとなっておりますので、ぜひご覧くださいませ。

 

■ DIGIDAY+ 会員の皆様【こちらのリンク】よりサービスの一貫としてダウンロード可能です(※追加費用は不要)。リンクをクリックのうえ、お楽しみくださいませ。

 

■ 一般読者の皆様:こちらのWhitePaperは、3カ月限定で個別販売を実施しております。ご希望の方は、以下のボタンより、ご購入くださいませ。

 

なお、このレポートは、1部と2部に分かれております。【1部】は「レポート本編」。【2部】は「本編『7つのトレンド』で紹介したShopTalk参加企業20社の詳細」となっております。このページの下部にWhitePaperのキャプチャーを掲載しておりますので、参考になさってください。

 

【 1部+2部 セット ↓ 】 9800円(税込)

 

【 1部のみ ↓ 】 4800円(税込)

 

【 2部のみ ↓ 】 6800円(税込)

 

※ このWhitePaperの個別販売は、3カ月限定となっております。2018年10月1日までの配信となっておりますので、お見逃しないようよろしくお願いいたします。
※ DIGIDAY+ におけるその他のコンテンツは閲覧・参加不可です。ご了承くださいませ。
※ こちらの個別販売は、STORES.JPのシステムを利用しております。上記「今すぐ購入」ボタンを押すと、直接カートに入る仕様となっておりますので、お気をつけくださいませ。

 

shoptalk01
shoptalk02
shoptalk03
shoptalk4

 

※ 上記キャプチャーは、全体の一部です。【1部】は全16ページ、【2部】は全22ページの構成となっております。

 

【1部】目次

Shoptalkの概要とこれまでの推移 3
Shoptalkはリテール・イノベーションの展示会 3
「過去の学び」と「未来の予測」ができるShoptalkの重要性 3
2015年から2017年までのShopltalk注目分野の変化 4
2015年:リテール業界のイノベーションに対する意識が高まり始める 4
2016年:MCXの遅れに対して大手リテーラーの焦りが見える 5
2017年:店頭デジタル戦争が一気にスタート、Amazonの脅威が台頭する 5
Shoptalk2018トレンドの根底にある対Amazon生き残り戦略 6
Amazonのオンライン購買エクスペリエンス充実化施策 6
Amazonの実店舗進出 6
Shoptalk2018にみる7つのトレンド 7
トレンド1:オンライン購入の「お試し機能」 8
トレンド2:クライアンテリングの現実化 9
トレンド3:データ統合テクノロジー企業の躍進 10
トレンド4:ロジスティクスへのデータ活用による収益率の飛躍的向上とグローバル化 11
トレンド5:オンライン広告以外のマーケティング手法の多様化とその技術の発展 12
トレンド6:Eコマースサイトの「買う楽しさ」の向上 13
トレンド7:リアル店舗のメディア化(ショールーミングの発展) 14
Shoptalk 2018にみる「+1」のトレンド:GDPR 15
執筆者紹介 16

【2部】目次

Perfect Corp  3
True Fit 4
Tulip Retail 5
NewStore 6
Segment 7
mParticle 8
Flexport 9
shippo 10
Bringoz 11
Optoro 12
PowerReviews 13
YotPo. 14
TurnTo 15
Reflektion 16
OrderGroove 17
PebblePost 18
TopHatter 19
M.Gemi 20
Frank And Oak 21
b8ta 22

Contributed by Silicon Valley Open Innovation
Top Image from Wikimedia Commons