DIGIDAY 調査レポート:パブリッシャーとプラットフォームの関係のいま

パブリッシャーにとって、リソースをうまく配分し、プラットフォームから利益を得ることは難しくなっている。購読料や広告直販によって直接的な収入を得ようと試みるパブリッシャーも増えているが、多くのパブリッシャーはいまだに、オーディエンスの構築にプラットフォームを利用している。

米DIGIDAYが実施した2019年秋の調査レポートでは、136人のパブリッシャー幹部を対象にプラットフォームの利用状況を調査。そして、2020年に向けて、パブリッシャーがプラットフォーム戦略を進化させるための提言を行っている。

調査にあたっては、メディア業界、マーケティング業界の数千人の幹部と意思決定者で構成されるDIGIDAYリサーチのパネルから回答者を選出しWhite Paperにまとめた。

プレミアムプラン会員:ログイン後、ページ下部のウィジェットより、White Paperをダウンロードのうえ、お楽しみください。 プレミアムプラン会員にも関わらずウィジェットが表示されない場合は、画面右上よりサイトへログインのうえ改めてご確認ください。

ライトプラン会員および非会員:本ドキュメントは、「DIGIDAY+ プレミアムプラン会員限定コンテンツ」となっております。この機会にDIGIDAY+ プレミアムプラン会員(年会費36000円[税抜])へのご登録をご検討ください。


White Paper「DIGIDAY調査レポート:パブリッシャーとプラットフォームの関係」のサムネール

全11ページ


DIGIDAYResearch_2019October