DIGIDAYリサーチ:各社のサブスク、意外と「低コスト」?

ディスプレイ広告など他の収入源がつまづくなかで、読者から収益を得るためにサブスクリプション製品に注目するパブリッシャーが増えている。パブリッシャーにとってサブスクリプション製品の魅力の一部は、途中で必要になる追加リソースが比較的少ないことがあげられるかもしれない。【※本記事は、一般読者の方にもnoteにて個別販売中(480円)です!】