ダウンロード:ファッションブランド、ビューティブランド向け「 TikTok 」活用ガイド【White Paper】

Facebook、インスタグラム(Instagram)、Snapchat(スナップチャット)が広告とインフルエンサーのスポンサードポストに侵略されたいま、消費者は少しでもリアルに感じられるもの、編集されていないものを求め、TikTok(ティックトック)に押し寄せはじめている。

TikTokは2019年以前、主に従来型のデジタル広告とアプリ内購入から利益を得ていた(TikTokによれば、承認済みのアカウントが動画内に商品のリンクを埋め込むことができる「今すぐ購入 」機能を利用し、あるアカウントはわずか1日で2900万ドル[約31億円]を稼ぎ出したという)。しかし、1年ほど前から、「オーセンティシティ(Authenticity:ここでは、ありのまま、嘘のない、リアルなどの意)」を誇りにするプラットフォームで、ブランドがスポンサードコンテンツや、そう捉えられるものの実験を行っている。

今回は米DIGIDAYの姉妹サイトであるファッション、コスメなどのラグジュアリーブランド戦略メディアGLOSSYより、TikTokの最新ブランドガイドを紹介する。草の根のユーザー生成動画が何より重要なプラットフォームに合わせ、どのようなコンテンツの流行に乗じているか、どのようなインフルエンサーを使っているか、どのようにコンテンツ戦略を見直しているかなど、TikTokで成功を収めているファッション、ビューティブランドの戦略を検証する。

プレミアムプラン会員:本サイト右上の「ログイン」から登録eメール/パスワードをご記入のうえ、ログインしてください。本記事下部にWhite PaperのPDFを閲覧できるウィジェットが表示されます。

ライトプラン会員および非会員:本ドキュメントは、「DIGIDAY+ プレミアムプラン会員」限定コンテンツとなっております。この機会にDIGIDAY+ プレミアムプラン会員(年会費36000円[税抜])へのご登録をご検討ください。


White Paperのサムネール(実際のデータは全10ページ)

Glossy_thumbnail