ホワイトリスト は、いまだにパブリッシャーの悩みの種:ブランドセーフティ戦略が高度化しても

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


ブランドセーフティ戦略が徐々にではあるが洗練の度を増し、きめ細やかになっていくなかで、これといった変化の兆しもなく、パブリッシャーや広告主の悩みの種となっているのがウェブサイトのホワイトリストだ。ホワイトリストが多用されると、広告キャンペーンのリーチが狭まるだけでなく、パブリッシャーの収益にも響きかねない。
「DIGIDAY+ ライトプラン」は、30日間無料でお試し可能です!(※新規入会限定)