非常時のいま、 PR メッセージとして なにが適切か?:「過敏にならざるを得ない」

米国において社会的隔離が日常となっているなかで、パンデミックの話題はあらゆるメディアチャネルを席巻している。そんななか、ブランドもPRエージェンシーも、不適切な行動をとらないために協力して話し合いを勧めている。