FASHION

ラグジュアリーブランド が「ストリートウェアのアイコン」を使ってZ世代を狙う理由

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


ラグジュアリーブランドが経済的に余裕のある年齢層の高い消費者から25歳以下の消費者へと焦点を移行するなか、多くのブランドが新たなオーディエンスの信頼を得るためにストリートウェアの象徴的な存在を活用するようになっている。ティファニー、グッチ、シャネル、そのほかのほかのハイブランドも同様の動きを見せている。