WhatsApp、ユーザー情報をFacebookと共有へ:方針転換に眉をひそめるユーザーたち

WhatsApp(ワッツアップ)はプライバシー規約を緩め、電話番号などユーザー情報の一部をFacebookと共有することを決定した。Facebookは2014年にWhatsAppを買収している。

今回の決定は、多くのコアユーザーたちには裏切り行為として写っているようだ。というのも、WhatsAppのファウンダーたちは、Facebookに買収されても厳重なプライバシー保護という点に影響は出ないと約束していたからだ。