DTC ERA

「新しい店舗」を模索する、 D2C ブランドのショールーム:「どんなブランドにとっても店舗の存在は重要だ」

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


かつて、D2Cのショールームといえば最先端のブランドを求めて人々が訪れる場所だった。新型コロナウイルスの感染拡大以降、実店舗は存在感を薄れさせつつある。しかし、もともとオンラインを主軸としてきたD2Cブランドだが、彼らは店舗不要論を唱えることなく、新しい店舗のあり方を模索している。