プログラマティック広告の現状:要点まとめ

アドフラウド(広告詐欺)やYouTubeの広告ボイコット騒動など、今年になってプログラマティック広告についての悪いニュースがたくさん出回るようになった。にもかかわらず、より多くのパブリッシャーやマーケターがオープンエクスチェンジからPMPへと移行を進めるなかで、プログラマティックは拡大し続けると思われる。