RETAIL REVOLUTION

ストリートウェア に熱中する、非ファッションブランドたち :「デジタル優先な消費者行動の自然な結果」

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


スニーカーやストリートウェアのリセールプラットフォームであったストックXは、2019年に初めてそのほかの分野のアイテムの販売へと手を広げその売上は拡大の一方だ。こうした「稀少性」を重んじる消費者の動きは、非ファッションブランドからも注目を集めている。ストリートウェアが、市場に参入する際の「裏口」となるのだ。