「いまだヒドい状況は続くが、正しい方向に向かっている」:5月には回復の兆しを見せた、デジタル広告支出

本稿の取材に応じた13人のパブリッシングやアドテクの幹部や業界関係者たちによると、ほとんどが4月は悲惨な月だったと説明する。しかし、5月には、穏やかにだが、少しだけ状況は改善されたように見えたという。