企業アカウントは「スラング中毒」にご用心という調査結果

スプラウトソーシャル(Sprout Social)のレポートによると、ブランドがユーモアを示すのは価値があると消費者の75%以上が考えている一方で、皮肉や生意気さを良しとする人は3分の1しかいないことがわかった。親しみがもてる(83%)、役に立つ(78%)と思われた方が売上向上につながる可能性は高いようだ。