「ゆるやかな死」を迎えつつある、小売業界の管理職たち

小売企業がコスト削減を計画するとき、まっさきに首を切られるのは年俸制の社員だ。だが店に残った従業員も、米DIGIDAYが取材した5人の現役または退職した年俸制の管理職者たちによると、その多くは「以前より仕事がきつくなっている」とか「勤務時間が不規則になった」と話しているという。