「未来の店舗」について、6つの 小売 業者に予測を訊いた:「オンとオフの区別はなく、すべてがタッチポイント」

今年の初めまで、小売業界における「未来の店舗」と言えば顧客に新たな体験を提供するリアルな場を意味していた。しかし、コロナ以降その前提は大きく変化した。店舗を可能なかぎり安全な場所にし、顧客との新たな関係性を構築し、オンラインと実店舗と組み合わせて効率を高めることに注力しはじめている。