媒体資料 : プライムデー の広告戦略、Amazon はいかに指導してるか?

Amazonプライムデーは毎年人気を博している。具体的な売上高は明かされていないものの、同社によれば昨年のプライムデーの売上高は、ブラックフライデーとサイバーマンデーの合計よりも高かったという。

しかし、Amazonプライムデーの目的は、商品を大量に売りさばくことだけではない。有料のプライム会員の登録者や、Amazonで商品を販売する企業からの広告収益を増やすことも、目標のひとつだと考えられる。

もはやAmazonにとって、eコマース事業は唯一の中核事業ではない。eマーケター(eMarketer)の主席アナリスト、アンドリュー・リップスマン氏は「同社の事業は3つの柱から成り立っている」と語る。まずは商品やプライム会員向けの有料プランを販売するeコマース事業。次に、Twitch(ツイッチ)やプライムビデオ(Prime Video)といったメディアプラットフォーム事業、そして最後に広告事業だ。Amazonは最近エージェンシー向けに、毎年恒例のプライムデーに向けた準備の方法を紹介すると同時に、成長を続ける同社の広告事業も宣伝している。「プライムデーは毎年、Amazonの勢いをさらにプッシュするための機会として活用されている」とリップスマン氏は語る。

プライムデーの「波及効果」を強調



(全文文字数:2417文字)※記事末尾に媒体資料を添付しています