BRANDS IN CULTURE

配送アプリへの広告投資を強める、アルコール飲料企業たち

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


ギネス(Guinness)やベイブ・ワイン(Babe Wine)、カットウォーター・スピリッツ(Cutwater Spirits)といったアルコール飲料ブランドにとって、アルコール飲料のデリバリーを手がけるドリズリー(Drizly)への広告支出を増やすことが、パンデミック下での重要な取り組みとなっている。