ウーバー やリフト の車内広告、米・スタートアップが開発:センサーで「対人インプ」を保証

ワシントンDCを拠点とするスタートアップのオクトパス(Octopus)が、ライドシェアの車内広告インベントリを販売している。同社の現在のオーディエンスは、約200万人の月間ユニークユーザーだと共同創設者兼CEOのチェリアン・トーマス氏はいう。媒体資料によると、利用客の平均年齢は32歳、女性48%、男性52%だ。