D2C

日本の大手ブランドは、いまこそ投資ポートフォリオ改革を: D2C 時代を生き抜くために