AUDIO ANYWHERE

Clubhouse の広告活用、ブランドたちは「様子見」の状態:「まだ実験的な空間」

DIGIDAY無料メルマガに登録しませんか?

平日朝9時にマーケティング業界の最新情報をお届けします。利用規約を確認


Clubhouse(クラブハウス)がユーザーのあいだで人気を集めているが、このオーディオベースのプラットフォームをソーシャルメディア戦略の中心に据えているブランドは、まだいない。ワクチンの接種が進み、消費者の習慣が変化する可能性もあるなかで、ブランドはこのチャネルを実験的な空間とみなしている。