「コロナ禍以前から、ナイキのアプリは事業戦略の核心だ」:同社 D2C 関連部署担当、ハイディ・オニール氏

店舗が閉じたままの状況で、ナイキ(Nike)が顧客にとってナンバーワンのブランドでありつづけるには、アプリの存在が欠かせない。ナイキで消費者とマーケットプレイスを担当するプレジデントのハイディ・オニール氏によると、同社には、店舗の再開を判断するための、6つのステップを定めたマニュアルがあるという。