ナイキの D2C 戦略が本格化、中規模卸売企業に大きな打撃

ナイキ(Nike)の本格的なデジタル戦略の全貌が明らかになりつつある。同社は不要な卸売りパートナーとの関係を断ち切り、販売とエンゲージメントを自らのチャネルに移す試みを続けている。実際、これは大半のブランドが求めていることなのだが、ナイキはとりわけ実現するにあたって有利な立ち位置にある。