石井龍夫 の 日本マーケティング私史 #2 〜過去編〜:マスメディアがもたらした「均一性」の時代

私は、マスマーケティングが成立するための一つの大きな要素として、「情報格差」があると考えている。それは、伝える側の企業と受け取る側の消費者の所有する情報量の差がマスマーケティングを成立させるという考え方だ。情報は濃度の高い方から薄い方へと自然に流れて行き、結果、均一化を果たす。ーー石井龍夫氏による寄稿コラム。