アドテクベンダーが直面する、支払期限「長期化」の苦悩:内製化がもたらす新たな現実

DIGIDAY+ 限定記事 ]独立系アドテクベンダーにとって、ブランド広告主との直接取引にはいくつかの欠点がある。支払いが遅い広告主は長年、エージェンシーにとって頭痛の種だった。それが現在、プログラマティックメディアバイイングのインハウス化の副産物として、長い支払期限の負担がアドテクベンダーにのしかかっているのだ。