「パーパス・ドリブン」という考えに群がるマーケターたち

パーパスを明確に示すこと――ブランド各社は近年、その必要性をますます感じるようになってきている。アルゴリズムが話題のトピックをフィードのトップに引き上げ、競争がかつてないほど激化しているいま、ブランドは別の方法で目立たなければならない。ただモノを売るだけでは、もはや十分ではないのだ。【※本記事は、一般読者の方にもnoteにて個別販売中(480円)です!】