DTC ERA

郵便受け争奪戦、勝ち抜けを狙う D2C ブランドの奇策とは:「批判されても型破りのほうがいい」