「いま見て、いま買う」が流行りのファッション業界:NYFWを変えたソーシャルの力

2016年2月のニューヨーク・ファッション・ウィークは、いつもとは違った趣きだった。デザイナーたちが伝統のしがらみから抜け出し、ファッションショー終了後、即座に新作コレクションを購入できるようにしたのだ。従来ならば、販売まで半年待たされるのが常であった。

この変化は、別段驚くような戦略のもと実施されたのではない。業界がソーシャルメディアの力によって突き動かされ、生じた変化だ。

2016年2月の初旬、バーバリーのCEO、クリストファー・ベイリー氏が、今後バーバリーは従来のファッションカレンダーの指示には従わないという方針を発表。大手ファッション企業としては初の試みだ。春物コレクションを秋に見せるのではなく、男性服と女性服をひとつにまとめ、季節に縛られずに、1年間でふたつのコレクションを発表するという。米ファッションブランド、トム・フォードとトミー・ヒルフィガーも、即座に同様の内容を発表している。