ナイキの「マラソン2時間切り」プロジェクト、成功の背景:「マーケティングの手本となる事例」

2017年5月最初の週末、ナイキが招集したエリウド・キプチョゲ、レリサ・デシサ、ゼルセナイ・タデッセの3選手が、イタリアのモンツァに集結した。フルマラソンで「不可能」といわれる偉業、2時間の壁を超えるためだ。最終的に、2時間切りは果たせなかったものの、マーケターは「それでもナイキは勝った」と口を揃える。