イケア の「カタログ」戦略、印刷から ピンタレスト へ

イケア(Ikea)が、人々がより長いあいだカタログを利用できるよう、ピンタレストでショッパブル(買い物ができる)な形式でのカタログ展開に取り組んでいる。アイテムやスタイルの好みに関するアンケートを行い、その結果に基づいて、ユーザーボードにプロダクトの「ピン」を追加する、ピンタレストの仕組みを活用する形だ。